about

備前焼作家 上田玄明 が直接運営しているサイトです。

花器から普段使いの食器など、思いつくまま色んな物を造り
山を整理すると出てくる雑木なども使い完全に薪だけで焼き上げています。
そして、哲学的思考に興味があり
作陶の合間に
窯のある5000坪の山を「フラクタルの森」(陰陽学)として整備しています。

フラクタルとは、部分は全体と相似形をなすという意味を持っている数学用語
PCも二進法で複雑な仕事を高速でこなしているように
現実の世界も陰と陽の二つの要素で成り立っているという考え方
PCにもソフトとハードが有るように
比喩で言うとすれば、全ての全てが右脳的要素(陰)と左脳的要素(陽)で出来ているという考え方
また、紙が裏と表があって存在できるように全ては陰陽一体で出来ている
器作りでも思い(陰)と行い(陽)で作品が出来るように
人生も社会も陰陽の2面で出来ている

フラクタルの森とは、その陰陽2つがクロスしている十字架の森
森には十字架が作る4つの世界がある
これはピラミッドの形にも似ている
この小さなピラミッドが集まり
フラクタルとしての大きなピラミッドを形作っている
時間・空間・人間(主体)という認識から放射された4つの柱
何を(課題、客体)何故(思い、動機) ・・・陰
どうやって(行い、方法)どうなった(結果、成果)・・・陽
比喩として人生も社会もモノ作りも全てが
このピラミッドの形の中で表現できると考えています

土で造られた器も、私たち人間も、原材料は同じ地球という大地
窯の中で起こっていることがこの時代の諸相と相似形をなしている
備前焼は、ただ薪窯で土を焼き上げるだけの原始的なもの
どんな器(人)もどうしても置かれた環境に左右されます
原則、その環境の人(器)でしかないのです
しかし、その中には、目には見えないが
色んなエネルギーが込められています
高温でその姿形を変えながらその器に込められた願いが浮かび上がってくる
私たちには、その願いを浮かび上がらせながら
それらが良きことにつながっていくように努力する義務があるのでしょう。