面取 焼酎カップ (01)

【概寸 径 9.4 cm × 高さ 9.4 cm】

『玄明のひとりごと』

全ての創作物にはその作者の意図が反映されるように
器にも作者の心が写り込む

同じように神の思いにて作られた
私たち万象万物の存在にも
その神の願いが写されていることだろう

その神の願いとは何かを観ようと思えば
おそらく私たちの心の中を見れば分かるのではないだろうか
私たち人間が感動すること
それは、神の願いと通じる同じものが在るのではないだろうか


人は、何に感動をおぼえるのか
調和(陰)と進歩(陽)の要素の中に
素晴らしさ(陰)と凄さ(陽)があり
そこには必ず崇高なるモノも含んでいる

崇高なる親である神仏のお心も
我々人類や全生命に向けられてる思いの中には
厳しくも有り、限りない優しさもあるのだろう
親が子や孫を愛する気持ちの中に神仏と同じ思いが在るのだろう

陶芸作者が器に込めている願いは、
その個性を活かし「お役に立って欲しい」というシンプルな願いだ

神仏の思い、崇高なる親の念いを考えた時に
私たちが何をどのようにしなければならないのかが見えてくる

より素晴らしく立派になってお役に立つ存在になって欲しいという願いが
おそらく、全存在の中に込められているのだろう

その願い
そのフォースと共に在ることを祈る

¥ 3,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料700円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。