マグカップ 窯変(05) 

【 概寸  径 8.2 cm × 高さ 約 9.1 cm  】

※【玄明のひとりごと】
世界は全てが陰と陽で成り立っているという伝説が世界各地に在り

私の作品には、ロクロから切り糸で切り離す時に渦の模様が描かれ
その中心に玄のサインを入れている
これは陰と陽の関係を表現しようとしている

すべて価値あるモノの背景には
必ずその価値を支えているモノが在る
原因と結果でもあり
紙の表を支えている裏面でもある

目に見えにくい玄なるモノが中心にあって
目に見える明なるモノを形作っている

全ての存在の中にフラクタルとして在る

素粒子の世界にも、細胞にも 中心に核があり
その連鎖がミクロの世界からマクロの世界にまで広がっている

一人の人間の中にも
社会の構造の中にも
太陽系の中にもあり
銀河にも中心にはブラックホールがあり渦巻いているようだ
その銀河もさらに大きな宇宙を中心として回っている
どうやら全ての存在には必ず中心となる核(主なるもの)が有る

中心となる核(理念・意識)が有り、渦を起こさせている
その姿、その構造が意味するところの本質は分からないが
ぼんやりと俯瞰すると、
この形の中に神の宇宙創造の秘密が隠されているのではないだろうか

この世の中には、この無限の連鎖が示すとおりに様々な神(主)が居る

皆、一様に自己中という傾向は在る
しかし、自分という小さな自己を主とし
大いなるモノをないがしろにしていては
その周辺はゴミや芥が集積し醜い世界を呈していくだけだろう

体の一部の小さな細胞が自己を中心に暴走するならば
全体を死滅に向かわせるガン細胞のようになるように

思想宗教であっても
小さな自分たちだけを養護してくれるような
そんな小さな、神をも名乗るにはばかるモノを主としていたら
自己中心の思想宗教が蔓延し様々な争いがいつまでも絶えないことだろう

せめて、地球神
肌の色、民族、地域を越えて
全人類を我が子として見ているような地球神
そんな存在を意識して考える事が大切なのではないだろうか

それこそが、究極の客観視ではないのだろうか

¥ 3,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。